即日融資ズバっと|今すぐ借りたい人のためのカードローン一覧
トップ > 即日融資でいくら借りれる?

即日融資でいくら借りれる?

即日融資の限度額

カードローンやクレジットカードなどには個人個人に利用限度額というのが設定されています。その設定された利用限度額の範囲内であれば自由に利用できるというものです。

たとえば限度額が50万円と設定されていれば、その50万円の範囲内で自由に借入したりショッピングしたりできるというわけです。

この利用限度額は、審査の結果によって個人個人に合った額が設定されるものです。

広告に載ってる限度額が適用されると勘違いしないようにしよう

カードローンの広告などを見ると「最大500万円まで融資可能」とか「限度額最大800万円」などと書かれています。
ただし、これはあくまでも最大値なので、そのままそれが自分に適用されると勘違いしないようにしましょう。

実際のところ、申し込み時点でその最大値の限度額を設定されることはまず考えられません。あくまでも参考程度にとどめておきましょう。

法的に設定されている限度額

実は、法律で「これ以上貸してはいけません」というラインが決められています。総量規制といいますが、年収の3分の1以上の融資をしてはいけないという決まりになっています。
つまり、年収300万円の人であれば最大融資可能額は100万円ということになります。

法律でこのように上限が決められているわけですから、基本的にはこれを超えて借りることは不可能です。

法的な上限はこの年収の3分の1だと理解しておきましょう。

(厳密に言うと、この法律は銀行には適用されないので、法的には銀行はこのラインを超えて融資することが可能です。ただし、現実的にはあまりこのラインを超えて融資を行うことは少ないでしょう)

即日融資で実際に設定される限度額は?

さて、即日融資で実際に借りれる金額(設定される限度額)はいくらぐらいになるのでしょう。

もちろん、人それぞれ審査結果が違いますから「その人次第」としか言いようがないんですが、一般的には多くても50万円までということです。30万円ということも多いようです。

これは初めての人に大金を融資するのはリスクがあるので、最初は少なめに設定するという意味もありますし、即日融資という性質上、スピードを重視して厳密な審査というよりは簡易的にスコアリングシステムで審査を行うためでもあります。

即日融資に申し込む場合は、良くても借りれるのはひとまず50万円程度だと考えておきましょう。一応、目安としては下記のようになると思います(あくまでも目安です)。

  • 年収350万円程度の正社員で他社借り入れが無ければ50万円程度
  • 他社借り入れがある場合20万円程度
  • 年収150万円程度のアルバイトの場合、多くて30万程度
  • 他社借り入れがある場合10万円程度

増える利用限度額

例えば、最初の限度額が例えば30万円と設定されたとしても、その後の利用実績によって限度額は増減していきます。
しっかりとした返済などを行っていけば、限度額は40万円50万円と増えていきます。

逆に返済を怠るなどすると限度額が低くなることもあります。

また、初めての利用でも50万円以上の限度額を設定できる場合もあります。「この人にはそれだけの返済能力があるな。」と判断するということです。
この場合、年収なども関係してきますので、それを証明するための書類(源泉徴収表など)が必要となるケースが多いようです。